お茶会への招待状

お茶会への招待状バナー
お茶会への招待状バナー

「この街にはね、古い恋物語があるの――」
20世紀初頭、英国。古い時代から新しい時代へ、世界が急速に変化する頃。
田舎の農園で生まれ育ったドナは、流行やお洒落に興味を示すことなく、農園の仕事に日々勤しんでいた。
ところが、都会暮らしの祖母が亡くなってしまい、遺品整理のために生まれて初めて大都会ロンドンへと行くことに。
さっさと役目を終えて田舎に戻ろうと思っていたドナだったが、祖母のお茶会の客だったという人々が現れる。
今まで接したことのない都会の人間と交流を持つようになったドナ。
かつてロンドン社交界の名花と呼ばれた祖母が遺してくれたのは、楽しいお茶会だけ……?
ゲーム制作サークル「.aihen」のフリー乙女ノベル第二弾「お茶会への招待状」。
このゲームをする前に、多少のネタを知っていた方が楽しめると聞いて、軽い気持ちで前作「AliceNightmare」をプレイしました。予想以上に本気で作ってました……脱帽しました。詳細は記事で書きましたので、そちらをご覧下さい。
絵は綺麗だし、システムも前作ほど不便ではありません。
音楽が耳に残る感じで、これまた素敵。
立ち絵、色んなポーズある~°˖✧( ´ω` )✧˖°
紅茶の缶を選ぶシーンがお洒落でいい感じ。銘柄はダージリンとアッサム以外知りませんでしたが。
何と言っても必要最低限の選択肢。とても好感が持てる。……んだけど、攻略ないと難しいです。成功の可否がわからん……。
私は暗い話より明るい話が好きなので、今作はとても楽しめています。主人公が明るいしね!! ギャグパートも面白いので、いつかのLEDAさんを思い出します。プリンスパニックと同じくらいの作り込みと、意気込みを感じます。……相当時間かけて作ってますよね。
ネタバレが多いので、少し隠しますね。

キャラ別感想

ライナスさん

最初にライナスさんルートに行きました。前作から気になっていたので。ハロルドさんにも惹かれたのだけど。まさかの子爵の子孫が続いていてビックリ……。しかも変わってねえ。
ライナスさんは見た目王子なのですが、やることがえげつないと言いますか。とにかく女心が分かってねえ。 乙女心ガン無視で、それでいて、無意識にときめかせるので本当に心臓に悪い方です。 ムカつくけど好きです。お兄様を攻略できなかった分、ここで鬱憤を晴らしたいものだ。

ちょ、ライナスさん……! 錯乱が過ぎて、八つ当たりしてる!!! しかもハロルドさんのこと、散々な言い方してるよ……! 伯父似の口の悪さだね!! 嫉妬っぷりも伯父似だ……これはプッツンしたら何が起こるか本気で分からない……! オラ、ワクワクしてきたぞ!←

何だかんだで、前作をプレイした方などは彼を最初に攻略する方は多いと思います。母上や家令が出てきます。
最初で構わないのですけれど、総合的に見て、甘さも中身も多分一番良かったように思います。バッド以外はどのルートでも私が幸せです……。格好良かったです……。ほんと彼のルートは痛快で面白い……。

ライナスのスチルが最後埋まらず、ライナスルートを更に3周しましたが、おまけを見れば埋まりました。Orz

ダニエルさん

印象としては地味だったんですが……ライナスルートでやたら活き活きしていました。その活力、メインルートで出さんかい(^ω^#) 奮起するドナさんに格好いいっておま……。ごめん、少し引いた。
おまけに自分のことには鈍い! もう少しだけ勇気を持ってほしいと思いつつ、彼の境遇を考えると無理だろうなって。悲しくなってくる。

このルートはドナさんがめちゃめちゃ悩んでて、かわいそうなルートでした。後述のハロルドルートほどではないにしろ。
お姉ちゃんに殺意が湧くルートですね。ええ、友情ルートではざまあみろと笑いました。母上は……ほんと大丈夫なの??

あとお父さん、若い娘に説き伏せられて考えを改めるとか、ちょろすぎ。ドナさんがすごいのも分かるけど。

何気に一年後にちゃっかり父親になっているので、やることはやっているんだと感心する。クロードさんでも子供はできていなかったぞー。

クロードさん

クロードさんは大人……(。´・ω・)ん? というか困った大人ですw しかも学者で(主に女性の)顔が広くて非常にメンドクサイ。末っ子というポイントが光っておりました。
ラフな格好の時のがエロいです。抱いて!
べっこべこに凹んだ時とか「ざまあみろ!!」などと嘲笑いたいですね。

息子もいいよね! 中身が思ったよりも地味で……うん、弟に欲しい感じでした。今後に期待。ライナスさんのトンビっぷりに笑いが止まりませんでした。分かる、あれは太刀打ちできない……。

ハロルドさん

めっちゃ期待したハロルドさんね!! あいつマジ見た目だけだわ!!! 意外と不器用ところとか、商人と関係ない部分が可愛いです。お疲れモードで空飛ぶ猫を目撃してるところとかすごい。
脇役としては申し分ないのだけれど、こいつメインに据えるとひどいわ……さすが商人!(商人として褒めてる) 人間としてはダメだわ! 放っておくと不倫ルートまで無意識でやらかしかねませんよ、こいつ。
なので、彼のルートプレイしてるときは「お姉さんに嫁ぎたいなあ。お姉さんルートどこ?」などと妄想しておりました。
友情ルート……エエ(;´Д`) 秘書かよ!

フレッド

フレッド、可愛かったです……。スチルと立ち絵が割と別人なのが気にはなったけれど。
フレッドは他の男性皆に可愛がられているので、みんなが協力してくれたのが印象深いルートでした。伯爵がめっちゃ頼りにされていて吹いた。マフィアかよwww

あとあの姉弟、自己犠牲多すぎ! ジェナが頑張りすぎていて、とてもかわいそうでした。料理の腕なんか気にしないでええんやで……!! 会心の出来?を作り上げた、あの嬉しそうな顔が可愛い。

フレッドの友情ルートですが、ドナさんが他のどのキャラよりも男前で、ウッカリ惚れてしまうところでした。 乙女ゲーとして本当に危ない。

イームズ子爵

まさかの子爵ルートがあった。ライナスの失言もそうだけど、周囲の動揺にも笑いを禁じ得ない。 私のアポロン!!! 我らのドナさんを遠くに感じるルートです。森の王って誰よ……。



総評として、ほぼ満点に近いです。個人的にフリー乙女ゲー内の神ゲー「開耶姫の季節」「私のリアルは充実しすぎている」に勝るとも劣らぬ作品。

地味ながらも丁寧に人生というか、中世ロンドンの貴族社会を描いています。奇想天外な話を求める人には向きませんが、地に足を付けた解決で読後感が大変よろしいです。 

あと誰かライナス恵んで下さい……。枯渇しそう。

このブログの人気の投稿

VisualStudioCode

AliceNightmare