投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

アピスラティオン

イメージ
全年齢女性向け恋愛ADV{フルヴォイス(主人公除く)}Windows 2000/XP/Vista/7800×600 px サイズ1周 2~3時間程度全14 EDスチル52枚+α2015年2月14日1200円(※送料込) ギャンブルの街アピスラティオン。かつてリゾート地だった『アピスラティオン』は小さなカジノや娯楽施設が数える程度で、客足も今ひとつであった。
しかしカジノホテル『ルルニア』を筆頭に街中に多くの刺激的な遊戯場を作り始め、アピスラティオンはギャンブル街として次第に有名になる。 ルルニアの一室で目を覚ました主人公・リリー(名前変更可)は、全ての記憶を失くしていた。その場にいたセシル達に保護され、記憶を取り戻すためにルルニアで生活することになるが……。大好きなhalfさんのシェアウェア作品。フリーで良い作品が多いので、買いました。おっ、まさかのフルボイスだったか。豪華だな。ただ音割れが気になるのが惜しいな。
 システムはYU-RISを使用しているため快適。スキップもそこそこ速く、既読スキップも当然完備。欲を言えばショートカットキー操作もあれば良かった。  銀髪のジェイルさん、絶対黒い……!!
 セシルさんは絶対、何か知ってる人だろうから後回しの方がいいかな……。まさかの泣き顔……鉄面皮はどうした。えっ、えっ、強そうなのに貧乏クジ役なの?! 何コレすごい同情してきた。
 笑った?! しかし、それでも何か胡散臭いなー。まだ裏がありそう。  一つだけ。一つだけわがままがある。デフォルトで名前を変えなかった場合だけ、きちんとリリーという名前で呼んでほしいというオプションが欲しい。←
 声優さん、多少音は割れてるけど全員良かったと思います。  共通ルートはあれど、大別して二つのルートがあります。更にキャラで分岐する形です。大筋は同じですが。
halfさんのフリーゲームをプレイして、お気に召したらこちらもプレイすると良いと思います。絵は大体綺麗ですよ。  以下はネタバレを含む、キャラごとの感想です。

AliceNightmare

イメージ
「――――ねえ、鳥籠の鳥の話を知っている?」無垢な微笑みを浮かべる少女は、幸せの意味を知らない。十九世紀英国ロンドン。青と緑、異なる瞳の色を持つ伯爵令嬢アリス・シャロットは双子の妹アリス・イヴリンと共に、父伯爵から不義の子と思われ、疎まれていた。妹のアリス・イヴリンだけが実父から毎夜虐待を受けることに、姉は心を痛める。残酷な日々をすごしつつも、自分達に辛苦を与え続ける父と、狂気に囚われた母を愛する娘。だが、伯爵家に住まう他の人々の目には、アリス・イヴリンの姿は映っていなかった。――――ふたりのアリスが紡ぐ、残酷な物語。
シェアウェアに負けないぐらいに濃い作品でした。それにしても暗い。実は「お茶会への招待状」のために、プレイしました。 システムは……ハッキリ言って必要最低限しかなくて、不便の一言。セリフはほとんど同じなのにも関わらず、既読スキップできなくて辛かった。スキップ速度も遅い。 だが、絵が綺麗だった。胸板厚くて、腕が細すぎる気がしないでもないが。あまり気にならない。 そしてシナリオは陰鬱で暗く、ものすごく重い。だが本気で幸せとは何かを考えてる作品だった。乙女ゲーと言うよりも、主人公カウンセリングゲーだと思う。下手に乙女要素入れるより、こっちで良かった。 主人公は銀髪のオッドアイ美少女という、正に中二病垂涎の容姿である。性格は良くも悪くもお嬢様。でも本気出すと強い。次回作でもそうだが、面倒な男たちばかりに好かれている。虐待シーンが辛い。 双子の妹は小悪魔風味の性格で、主人公とは全く異なっている。 トゥルーエンドよりもバッドエンドの印象が強烈な作品となった。次回作は180度違った作品になっており、そちらは万人にお勧めできる。鬱作品が好きな人は今作をお勧めする。 ネタバレがあるため、以降に追記。

お茶会への招待状

イメージ
「この街にはね、古い恋物語があるの――」
20世紀初頭、英国。古い時代から新しい時代へ、世界が急速に変化する頃。
田舎の農園で生まれ育ったドナは、流行やお洒落に興味を示すことなく、農園の仕事に日々勤しんでいた。
ところが、都会暮らしの祖母が亡くなってしまい、遺品整理のために生まれて初めて大都会ロンドンへと行くことに。
さっさと役目を終えて田舎に戻ろうと思っていたドナだったが、祖母のお茶会の客だったという人々が現れる。
今まで接したことのない都会の人間と交流を持つようになったドナ。
かつてロンドン社交界の名花と呼ばれた祖母が遺してくれたのは、楽しいお茶会だけ……? ゲーム制作サークル「.aihen」のフリー乙女ノベル第二弾「お茶会への招待状」。 このゲームをする前に、多少のネタを知っていた方が楽しめると聞いて、軽い気持ちで前作「AliceNightmare」をプレイしました。予想以上に本気で作ってました……脱帽しました。詳細は記事で書きましたので、そちらをご覧下さい。 絵は綺麗だし、システムも前作ほど不便ではありません。
音楽が耳に残る感じで、これまた素敵。
立ち絵、色んなポーズある~°˖✧( ´ω` )✧˖°
紅茶の缶を選ぶシーンがお洒落でいい感じ。銘柄はダージリンとアッサム以外知りませんでしたが。
何と言っても必要最低限の選択肢。とても好感が持てる。……んだけど、攻略ないと難しいです。成功の可否がわからん……。 私は暗い話より明るい話が好きなので、今作はとても楽しめています。主人公が明るいしね!! ギャグパートも面白いので、いつかのLEDAさんを思い出します。プリンスパニックと同じくらいの作り込みと、意気込みを感じます。……相当時間かけて作ってますよね。 ネタバレが多いので、少し隠しますね。