シェアウェアについて

 私はシェアウェアが儲かるとは微塵も考えていません。それだったらフリーにして、知名度を上げた方がダウンロード数も増えて良いと思います。ただ無料のゲームなんて、本当はありません。
 世間のフリーウェアはある程度の費用と手間をかけても、趣味だからと割りきってフリーで公開しているのでしょう。それは彼らの厚意です。
 人件費で考えるのなら1円の価値もないゲームは存在しません。ただつまらなくて、価値が低いゲームはあります。それをゲームを作ったこともない人に「クソゲー」と誹られるのはどんな気分がするのでしょう? 腸が煮えくり返る思いをしているに違いありません。
 だからと言って、つまらないゲームを「面白い」と褒める必要もありません。ゲームはそういうものです。つまらなければ廃れるし、面白ければ流行る。金額と面白さは必ずしも吊り合いません。
 同人ゲームで面白いのは、その限定性かなーと思います。コレクター魂が疼くと言うか、同人作品はいつ売られなくなってもおかしくないんです。サークルが解散したりetc…。

価格

 シェアウェアの相場は全く分かりませんので、前にテストプレイヤーさんにアンケート取ってみました。……割りと素直に答えてくれないのが残念と言えば残念だったような。
 ある程度自分では価格は決めていましたが、客観的に見れているが不安だったので、こうして価格の参考意見を頂いています。
 他のシェアウェアのお値段については一概には言えませんが、きっとお金を払うだけの価値があると期待してのお値段でしょうね。商業と違って、資材と労力がそのまま金額にならないのがシェアウェアなのかもしれません。
 私も1000円超えるようなゲームはすぐに手が出ません。ひぐらしレベルの文章量と、構成がないと1000円以上はつけられないでしょうね……。500円未満の場合、「そんな端金のために振り込むのか」という手間があると思います。現金でない以上、決してお手軽ではありません。100円ゲーム作るくらいなら、多分フリーで公開した方が無難かなとか思ってます。
 記念セールとか、できたらいいな。
 同人で取れるのは材料費ぐらいかなと考えてます。それで生活するのは悪いとは言いませんが、どうなんだろうとも思います。二次創作でなければ、普通に商業の方がお金かからないんじゃ……なんて。
 素材費用ぐらいはとりあえず回収したいかな。

動機

 さてシェアウェアにした動機ですが。フリーではDL数の割に、知り合い以外の感想がありませんでした。作ったゲームに価値がないのか、とか考えました。それではシェアで作った場合にどれだけ価値を見出してくれるか気になったので、シェアにしました。
 材料費に近いとは言え、お金を取る分、作り込むことにしました。手間と愛情はそこらのフリーゲームには負けてない……はず。動画などを入れたのもその一環です。
 制作時間が取れれば、今後もゲームを作るつもりです。作り込み次第では今後もシェア作るかもしれません。企画モノは大体フリーに終わると思います。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

恋するペコラは間違えない