おい森ライフ

おい森ライフ
久々にこっそり日記を書いてみる。人知れず更新される、WEB孤島の日記。そして、こっそり主張。12月10日に2X歳になりまーす。早いよー、年とりたくないよー。
実は卒業制作の締め切りが、1月の最初の方だー。FLASHアニメやってるけど、終わんね~! なんて泣き言を漏らしながら、制作中。実際に見せられるか不安。クオリティは半分諦めている……。

●おいでよ、動物の森

最近、友人の母上から無料で貰ってしまった「おいでよ どうぶつの森」を日課にしている。何故に友人の母上から無料? 彼女はストレスが溜まる度に村を作ってるそうなので、自然と増えていくそうである。いやー、金持ちってスゴイ。そしてずーずーしくも無料で貰った自分もある意味スゴイ。後で何か御礼をしなくては。
おい森PLAY感想は、変にリアルだと思ったこと。保険はあるわローンはあるわ……どうなんでしょ。癒し系とか聞いたんだけど……ローンて? バリバリ現実問題じゃない? まあ、そこいらになってる果物とか貝殻とか拾って、お金に換えられる世界はファンタジーだけど。
あと村人は仲良くなると、物をくれる。要らなくなった家具とか服とか粗大ゴミをくれます。みんなまだ使えるものばかり。要らない物を押し付けてくるようだ。
 他には落し物に「玉座」とかあって、ビックリしたこともある。どうやって落とすんだろう……玉座。
手紙を出すことができるが、全く内容は理解してくれない。当然といえば当然のこと。妹の「ばななこ」の手紙など見れたものではない。罵詈雑言が所狭しと書き綴られている。それを嬉しげに見せる村人が哀れでならない……。手紙の感想は、常にサイコーと答えてみる。しかも添付しているのは、空缶とかタイヤだそうだ。
 せめて自分だけでも真っ当な手紙を書く。しかし返って来る手紙は、ことごとく不満であるようだ。理不尽なり。三文小説家の方がマシ、ですか。恋愛小説でも読んで勉強してきます。
同居人のばななこさんは、片っ端から物を売る人だった。貰い物から果物、人の庭に生えてる花まで引っこ抜いてローンを返したそうな。モラルは!? 常識は!? 良心は無いのかコノヤロー! 一所懸命に花を植えた私の立場は……。花壇を走るな馬鹿者ー!
はあはあ、こんな感じでおい森ライフを送っている。愚痴が溜まっているな。さて、そろそろ作業を再開させようか。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状