うおー疲れた!

「時計塔のペット」にまつわる、ことの発端。
2009年お初のユリウス=モンレー。ハートの国のアリス二次創作イラスト。うおおおん! 疲れたー! ほぼ1ヶ月かけて全ページに渡り、文字コード変えたり、テンプレとCSSいじり倒して僅かな楽を試みてみたり!!
 今後はもっと楽をして更新したいです……。ブログくらい楽だと良いのに。切実に。  本当は! 本当はRSSしてみたかったり! ブログのTOP絵を好い加減更新したかったり! やりたいことは、いっぱいあるですじゃーーー! でも手が遅くて、全然進まなかった……。○rz
 ああでも、近い内にRSSを実装して、お客さんにも更新が伝わりやすくしたいと思ってます。 確かにブログサイトなら、……楽です。しかし作品を展示するサイトである以上、ブログサイトになる訳にはいかないんですねー。登録できるサーチエンジン数が減るし。 これも切実。
2009年追記:最近はブログサイトでも、展示サイトの体裁さえ整っていれば登録も可能とのこと。それで思い切って、WordPressのCMSサイトにしたって訳だね! 今回凄いいろいろ関係ない事柄まで、書きまくったよ! 追記に雑多な事柄が記してあります。

 1月は乙女稲荷に行って来たよー。鳥居が連続で立ってて、トンネルみたいなの。でも小さくてショボいよ。私は屈まなくても行けるけど、男性は多分屈まないと通れない。東京の人は1度行ってみるとよろし。
 あと湯島天神行ってみたけど、凄い混んでた。かなり大回りさせられて、もう行きたくないです。春日大社とか明治神宮に比べたらマシかもしれないけど、絵馬が鈴生りになってて瓦みたいだった。
 途中にあった「茶々」という名前の喫茶店は、雰囲気が良くて好みだった。中2階席はかなり落ち着ける。お勧めは煎茶と「五色こはぎ」かな。実はこれ、生協の通販でも買えるんだけどね。
 ちなみに私は真冬だけどアイスクリーム食べてきた。ダウン着てるとかえって暑かったからね。ちょっと連れに不思議な目で見られたけど、気にしない。お土産には「ちょっと焼き餅」と「みたらし団子」を買った。
 振り返ってみると、今回の正月は良くも悪くも餅三昧だった。父と妹は雑煮をお気に召したらしく、本人ら作りもしないのにせがんでいた。かくして雑煮は母の手により、作られた。私は、それを横目にトーストを食べた。余った雑煮は昼に食べた。

 忙しくてもゲームはしてました。結局「水の旋律」を今更PLAYしてます。家族の目を盗んで。タイムリー?なことに、子安さんが攻略対象の声優で入っているんですね……。ユリウスの影をそんな感じで偲んでました。桐原拓哉の声を聞く度に、もう時計屋が頭を過ぎったりして……。
 序盤から死にまくっているので、全然クリアの兆しが見えません。一筋プレイしてないからなんですがね……。

 いきなりですが、ヘタリアの話題。アニメが放映される少し前に知ったのですが、主題歌歌うのが浪川大輔さん。
ええええええ?! 歌えんの?!  って言うか 「まるかいて地球」ってタイトルからして大丈夫なの?!
 イタリアらしいかもしれんけど、声優が歌うのは少し萎える。元々歌手だったんなら良いんだけどさ。声の演技が上手いのと、歌が上手いのは別もんだしさ! 配信されてから大分経ちますが……上手いとかそーゆーレベルじゃなかったけど、まあ許容範囲でした。
 キッズステーションの都合により、ネット配信のみになったらしい。実は韓国の猛反発により、放映を断念したらしい。今はモバイルとアニメイトTVのみの1週間ごとの配信ね。
 しかしヘタリアをアニメ放映中止に追いやった韓国に、世界中のファンから糾弾の動きがあって、署名活動が続けられてるとか。私も署名したよ。

 アメリカの女子大生が学費のために、自分の処女を競売にかけたニュースを見ました。3億もの入札があるそう。
 って言うか、処女ってそんなに良いか?! 3億もかけてまで意味あるのか! 変態から礼儀正しい金持ちまで多種多様とのこと。あー男って分からん! 
 ……色々物議を醸したようですが、本人は使えるものを利用しているだけで、心までは売っていないと主張してるみたいですね。最高落札者に売るとは限らないらしいです。
 ううん、それでも関心はしないかなー。親から貰った大事な体を、子供がどう使おうが勝手かもしれないけれどね。

 全ッ然知らなかったけど! アラビアンズ・ロストってDS化されるんですね!ただでさえ
面倒臭い高いやりこみ度が更にアーーッープ。キャラボイス度も気持ちアーーーップ。

 売れんの? どうなん? 電車とか待ち合わせの合間に恋愛ゲーム。……携帯ゲーム自体、あんまり私はやらないので分かりませんが。パソゲーだけあればいいや。
 クリムゾン・エンパイアのファンディスクが制作されてるみたいです。しかも夏季。おいおいおいおい、んなもんだすより修正パッチ出して下さいよ。  正直、内容がいくら良くたって、システムガタガタじゃあ遊べないでしょうがーーーー!
このお馬鹿さんがっっ! ダメですよー、ユーザーに見捨てられますよー!
 もはや別メーカーで作って欲しい。サポートが万全なところで。……何で会社の体質がアレなのですかーー。 マジで姿勢を変えましょう。作品が好きなのに、メーカーを応援できないって悲しいです。

金曜のTV朝日ドラマ「歌のお兄さん」が面白い。元々芸能人に詳しくない私は、大野 智をあまり知りませんでした。
 が、彼はヤル気ないキャラやらせたら、ピカ一です。  歌のお兄さんに原作があるかどうか知らないが、脚本がコミカルで面白い。子供番組の裏側を描いたドラマなんて、珍しい。内定取消しと言う、今どきの話題が入っている。
 バンドのヴォーカルを辞めて、就職活動して、内定取消し食らって、間違えて入った面接会場のバイトで採用されちゃう 。なんて漫画みたいなの。
 大野は常に仏頂面の、悪ぶっているお坊ちゃんという感じ。悪ぶっているのに、子供に好かれる不思議属性。でも根が正直だったり、小心者だったり、馬鹿だったり するので可愛く見えてくる。
 最高に笑えたのが、ニヒルな笑みを漏らすドングリのシーン。  楽しくないから笑えない、ということで無理に笑うところが良い。シュール過ぎる。
 本人は打たれ弱くて、気の短い根性なし。彼自身は全く楽しそうじゃないのに、状況はひたすら笑いを誘うところがシュール。1話に1回は笑えます。
 「お兄さんは肩凝りがひどいので、肩車できません」とか笑えたし、何故ここで働いてるのかという場面で、「他に行くところがなかったからだよ!」 という素直な台詞に感動した。
 王子(歌のお兄さん) や姫(歌のお姉さん)もまた馬鹿っぽくてキャラが濃い。子供番組「みんなでうたお!パピプペポン」が王子のためのステージになっていた。ライブで王子の新曲披露とか、完璧に子供を無視ですね。
 なかなかお目にかかれない類のドラマだから、見ると良いかも。きっとハマる。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状