画像形式のこととか。

ここで書くのは、初心者向きのことばかりです。デジタルイラストを始めて間もない人とかの役に立てれば良いかなとか思って、メモ書き程度に。
デジタルのお絵かき始めたての頃は、画像形式のことが解らないですよね。かつての私もそんなんでした。中には大きさは小さいのに、200KBとか馬鹿デカイ絵をWEB上でUPしてしまうのもいるらしい。BMP形式をWEB上にUPすることなんて、用途は恐ろしく限られてきます。
 Windowsだと実際に使用するのはJPEGとかPNGぐらいでいいと思います。描きかけの絵とかなら、PSDとかレイヤー使えるソフトの独自形式がお勧め。

形式別

BMP形式

Windows基本中の基本形式。これのいいところは、無圧縮なところと汎用性の高さにあります。他のソフトからも読込可能です。画像を扱えるほとんどのソフトで見られます。
 但し、圧縮しないからサイズが馬鹿デカイ。こんなのをWEB上にUPしてはいけません。せめてPNGに変換しましょう。ブロードバンドが使える時代だからって、そんな無駄な転送量は考えもの。

PNG形式

非可逆圧縮なので、無圧縮のBMPと画質は変わりません。アレですよ、水に入れたら元に戻るワカメみたいな。256色以下と、フルカラーの形式が扱える。
 減色した画像向き。2色とか、256色以下とか。とにかくアニメや線画みたいに境界線がハッキリしてる絵向き。アルファチャンネル(半透明の情報を持つチャンネル。白黒で描かれる)が使えて便利。GIFのようなアニメーションはないけれど、GIFより少し圧縮率が高い。

JPEG形式

フルカラーかつサイズを抑えられるところが人気。グレースケール(明暗のみの画像)も扱える。ぼけた画像や、色数が多い絵向き。可逆圧縮ゆえに、開いて上書き保存すればするほど劣化する。
 なので、この形式に保存するときは、完成済みの絵だけをお勧めする。綺麗めを狙うなら、画質は大体80~95ぐらいが目安です。100は95とかと見分けがほとんど付かない上に、無駄にでかい。絶対に画質100は選ばないこと。
 どうしてもボケが許せないのなら、PNG形式(フルカラー)をお勧めする。TLGとかもあるけど、すごいマイナー。
 私はWEB用だと60ぐらいを目安にしてます。偶にモスキートノイズが許せなくて、80まで上げている。昔、30で保存したことがあるが、かなり汚くなる。
 最近は永久保存用にJPEG2000を利用している。サイズが小さくて、画質がいいから。難点は表示に時間がかかり、パソコンに負荷がかかること。
ちなみにJPEGのダウンサンプリング機能と言うのはですね、すんごく大まかに言うと画像の綺麗さを犠牲にしてファイルサイズを削る機能です。本当はアルゴリズムだのピクセルだの技術的に難しい話なんですが。使う人はそんな認識でいいと思います。
プログレッシブというのは、全体をダウンロードしなくてもイメージの確認ができるというもの。
 通常のJPEG画像はユーザのコンピュータにダウンロードされるに従って、上から段々画像が表示されるが、プログレッシブJPEG方式の画像では、最初はぼんやりした画像が現れ、ダウンロードが進むと次第に画像が鮮明になってくる。このため、ダウンロードの途中でも画像のおおよそのイメージが分かる。

GIF形式

PNGが現れる前は主流だった、256色以下の形式。非可逆圧縮なので、無圧縮のBMPと画質は変わりません。減色した画像向き。アニメーション機能がある。
 画像透過もできることはできるが、特定の1色を指定して透明と判断させるので境界が荒い。透過ならPNGのアルファマスクを使った方が綺麗。
 全体をダウンロードしなくてもイメージの確認ができる「インターレース」というオプションがある。
 圧縮に使われているLzWというアルゴリズムはUnisys社が特許を持っているため、GIFに対応したソフトウェアを販売/配布するにはUnisys社にライセンス料を払う必要がある。このライセンス料を嫌って、PNGというライセンスフリーの画像フォーマットが策定された。

PSD形式

Adobeの独自形式、なんだけども最近は色んなフリーソフトが対応している。レイヤーが使えて、概ね現状維持で保存できる。圧縮機能がある。

PICT形式

Mac OSの標準形式の一。フルカラー対応。圧縮もできる。私はWindowsなので、多くは知らないですが……。

WebP形式

ウェッピーっていう。Googleが作った。動画のVP8コーデックを利用した、比較的新しいファイル形式。可逆/不可逆対応、アルファチャンネルも透過情報も保存する優れモノ。アニメも保存できるそう。
JPEGの後継を目指して作られたらしいが普及率は微妙。と言うかブラウザが全て対応しないと無理かも。
圧縮率はJPEGよりほんの少し良いが、高圧縮にするとボケにくくも色味が変わってしまうことが多い。

FLIF形式

2017年現在で最も良い圧縮率を出していると思われる。個人的に推してるけど、知名度はきっと低い。PNGよりも圧縮率が高く、可逆圧縮がよく縮み、閲覧専用、長期保存向き。
対応しているソフトが極端に少なめなので、画像ソフトには全く使えない。

BPEG形式

不可逆ではそこそこ活躍できるが、HEVC技術を使っているらしいので、ライセンス問題に不安が残るとのこと。やはり対応ソフトがめちゃ少ないので、閲覧専用。

HEIF形式

ヒーフと読むらしい。2017年満を持してApple先生がiPhone 8と共に出してきた、画像形式。
iPhoneで保存した画像が自動でこの形式になってしまうらしいという、力業で普及させようというつもり。
JPEGの半分程度まで縮む不可逆圧縮ができる模様。いよいよJPEGの時代を塗り替える時が来たか。
但しiPhone6sやSE以前は非対応とのこと。残念無念。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状