金魚フォーエバー

 29日までのレポートが終わって、一息です。妹が祭りで金魚を獲ってきました。去年も金魚を獲ったのだが、盆踊りに参加して落としてきてしまったらしい。あげく、誰かに踏まれて2匹潰され、1匹生きてたが置いて行ったらしい。っつか、拾え!
 今年は3匹やって来ました。「どうせ1週間も経たずに全滅するだろう」と高をくくっていたら、未だ生きている。祭りの金魚のクセに!!  馬鹿にしつつも、1番面倒見の良いのは私。
 金魚が口を水面でパクパクするので、酸素不足だと思って水を換えてやる。後に餌をねだっているだけと分かった。一体どのくらいの周期で水を換えれば良いのだろうか。ちなみに妹は餌をやるだけです。
 なんと同人小説書いちゃいました。「自由物語」のFF9モノです。しかしゲームをプレイし終わった方にしか勧められません。
 何故なら、何が何だか分からなくなるからです。キャラ名とか普通に説明ナシで出すし、設定も! PLAYした人にしか、わからない内容。ネタバレとかも怪しい。
 話が面白いかどうかは、自信ないです。好評だったら、漫画にして公開しようかしら。

更新

  • TOP 自由記 自由物語 更新
  • ギャラリー:俺屍/少年魔法士/踊る大捜査線 2枚/FF10 追加。
 再び、昔話をします。今度の昔話は2本立て!(殴)
 毎年、我が家には親戚からお歳暮が届きます。届くより、送る方が多い家ですが。ある年、生きたお歳暮がやって来ました。空けた途端にピョコピョコと、海老が飛び出してきました。
 いたいけな幼稚園児の私は泣いて逃げ回り、母も慌て、父は海老を追いかけました。収拾つかなくなって、「海老の頭落とせ!」ってことになった。逃げ回る海老を捕らえて、片っ端から頭を切り落とす。おびただしい量の海老を腐らせずに処理する為、天ぷらで食べた。流石に新鮮で美味しかったという。
 後日、送り主からの電話で「刺身で食べると美味い」と聞いてしまったオチがある。先に言え!

 ある夜、母は悪夢にうなされた。我が家に見知らぬ中学生くらいの男の子がいる。掃除機のような音を立てて、口から息を吸う。辺りの多量の空気を持っていく。母も吸い込まれそうになる。負けじと真似をしてみる母だったが、無駄な抵抗であったようだ。
 あと少しで吸い込まれるというところで目が覚めて、母が目にしたものは……鼻をすする妹の顔。
 鼻をすする音が夢に反映されたらしい。なんとも面白いオチのついた話である。傍から聞いてると馬鹿馬鹿しいのだが、本人にとっては恐ろしい体験であったという。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状