溜まってきました。

しばらく来ないと書くものは溜まってくるようです。排出開始ー。

●我家の危ない風呂場の怪。

ウチは団地なのですが、最近風呂場が危ないのです。どう危ないのかと申しますと、使用中にガスが消えるのですな。訝しがって、また火を点けようとするとボンッとかいう不審な音が聞こえるのですね……。
 おまけに周囲がガス臭くなるので、我家がガス爆発で死に絶えるのも時間の問題かもしれません。(-_-#) 公団、ときどきガスの点検は来てくれるようですが……。

●謎の白髪。

カナリヤ、一羽飼っています。彼は黄・焦げ茶・白の斑の鳥でして、体は大部分、黄色です。羽根と頭が焦げ茶で、風切り羽や尾羽が白です。頭頂部はちょうど丹頂鶴の頭のようになってます。だからそこに白い毛なんかあると、すごい目立つわけですね。
 我家に来た直後はなかったはずの白髪。もしやストレスで白髪になったのか? 鳥にもストレスなんてあるのか? 謎は深まるばかりです。苦労性のカナリヤ?
 追記:羽毛は生えるときに白い殻を被っていて、ソレを突付くと中から羽毛が出て来る仕組みなんだそうです。で、頭頂部は足とか届かないので、白いままなのだろう、と。

●我家にインターホンがやってきた。

実は今までブザーでした。客が来ればビーーーーーっと耳障りな音が鳴るアレです。小学生の頃は、何故かインターホンに憧れてましたねえ……。ハイテクだとか思ってたんでしょうか。
 ようやくそんな執着もなくなった頃、ヤツがやって来たわけです。ものの30分ぐらいでパパーッと付けて、業者の人は帰りました。そんなちゃちな物なのか?
設置の際には壁を削る音がうるさくて、カナリヤがひっきりなしに鳴いていたそうです。「なんていう鳥ですか」と業者の人が尋ねてくるほど、うるさかったみたいで。しかし意外と知られてないんですね、カナリヤの外見と鳴声。
パッと見、電話みたいです。緊急時のアラームなる物が付いており、押すと周囲にデカイ音が流れます。でもどこにも通報はしてくれないそうです……。 ボタン部分を外せばアラーム音が止まるという、しょぼい作りです。顔見れないの仕様ですか、そうですか……。

●ダヴィンチ・コード火サス説

先日、話題の映画を見て参りました。うん、そこそこに面白かったです。謎解きは面白いですが、モナリザなどの解読部分が短~い。期待しすぎないで見に行く映画です。 ……
 千絵さんは 「火サスだよ、アレはっ」 とか仰ってましたね。海外版火曜サスペンス……。船越やら刑事さんやらがトム・ハンクスとジャン・レノに置き換えられたという。そんなことを聞いたら、みんな真面目に観なくなるのでは……。
以上、最近の出来事でした。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

逢魔ヶ町桜迷路