金色のコルダ

2010年現在で3まで出ている人気シリーズ。クラシック音楽に親しみを持てる乙女SLGです。漫画だのアニメだのPC・PS2・PSPだの出てます。
……久々に「ゲームに夢中」な状態になりました。忙しいってのにさあ……。最初オンラインみたいな3頭身?キャラは嫌だなあと思いました。慣れましたけど。髪の毛が皆、カラフルなのは利便性からだと納得しました。発見しやすくて助かります。
攻略は結構、難しいです。攻略対象8人、うち女性1人。EDはライバルキャラ2種類、友人キャラ1種、ノーマル1種です。珠玉の時間ED、PCでPLAYしたため、頑張った甲斐をあまり感じませんでした。最後のスチルが違うくらいで。PSPか、PS2でやれば良かったかもなー、珠玉の時間はムービー付きだし。
セレクションは、技術と上達、解釈(キーワード含む)を見ます。簡単な曲では優勝できません。キーワードも含まないと難しい。同じ曲を弾くなど言語道断です。技術に、パラメータ、上達度、親密度、ライバル度……ありとあらゆるものが複雑に絡むゲームです。
優勝するには、上達度とスーパー解釈を満タンにすれば確実です。まあ、スーパー解釈までいかない場合もあります。清麗・彩華・愁情のパラメーターのどれかを上げる方向で練習すると、割と上手くいく?
 人が大勢いるところで解釈練習し、BPを稼ぐ(更にBP補助も使う)。稼いだBPでアイテムを買い漁る。アラ不思議。パラメーター補助アイテムも、スキルも金で買えます。
解釈を聞かせると親密度が上がりますが、頻繁だとライバル度が上がりません。合奏は親密度とBP稼ぎに利用できるかな? ライバル度と親密度を程ほどに上げると、イベントが見やすいかもしれない。ライバル度を上げすぎると、発生しないイベントがある。
 つっちーが好きなので、1番初めに攻略しました。シャイ……らしいのだが、普通じゃん? 気さくな感じが好印象なキャラです。

導入

主人公が通う「星奏学院」は普通科と音楽科が併設された学校。その学校では音楽コンクールを不定期に行っているのだが、音楽科生徒にだけ意義があり、普通科の生徒にはあまり関心を持たれないものだった。要するに色々と隔たりがありました。
平凡な学院生活を送っていた普通科2年生の主人公は、とある出来事がきっかけで、ヴァイオリニストとして校内の音楽コンクールに参加することになります。
コンクールには音楽科の生徒が参加しており、素人である主人公にそれぞれの観点から興味を示します。主人公の参加により、徐々に学園全体が音楽コンクールに興味を持ち始めます。更に参加者たちとライバルとして競い合う内に、やがて友情や恋が芽生えるようになっていく?
(公式より抜粋)

月森さんの台詞にどう突っ込んでいいのか、固まりました。「君は歩き方に特徴があるんだろうか。この時間に登校する生徒は大勢いるが、君が歩いているとすぐに分かるから」
お前はどこにセンサー持っとるんだあ!
 素でこんなことを言えるなんて……月森 蓮、恐ろしい子っっ! これがウサギ耳生えた人だったら、殴っているところです。萌えキャラ……天然の萌えキャラ……!

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状