Queen Of Darkness


Heterodoxy解散により、廃盤となった18禁シェアの乙女ゲーム。何故かFirst moonという15禁のリメイク版出ました。え、でもリメイク版出さなくても十分だったんだけど。絵も前の方が好き。綺麗だったし。でも攻略対象が増えます。
 ノーマルな18禁シーンの他、百合シーンもあるから気をつけなきゃいけません。と言うか、男性向けなシーンも多い。キーワードは淫行、乱交、陵辱、残虐ですかね。そういうものに抵抗を感じる人にはお勧めできません。
 普通にエロいゲーム。声優の声量がバラバラで、音量調節に苦労したことを思い出す。リスティの声がちょっと少年っぽ過ぎるような気がしたが。もうちょっと色気のある声でもいいと思うよ。そういう役なんだし。
内容は良いと思いますよ。キャラクターごとに一応、展開が微妙に違ってて。NScripter製でシステムは使いやすい。クイックロード&セーブも使えるし、既読スキップも使える。
キャラクターは皆、魅力的です。偶にスチルで顔が違ってたりするけれど、概ねクオリティは高い。音楽もオルゴールっぽくて良い。
EDは結構多め。面倒で全部は埋めていません。SLGだから、魔国デスライードを大きくすることが目的。
 早めに情報収集→探索を行うようにすると、後々が楽。暇があれば、劇場でお金稼ぎ、ある程度進んだらバラ園で拾得物も得られるようになるでしょう。
繁栄値20を下回らないように頑張ってれば、多分潰れない。なるべく民の声は繁栄した方がいいでしょう。
戦闘はお気に入りキャラだけを集中して、パーティに組み込まないと経験値が上がりません。更に武器でいくなら、資金が許す限り武器屋で鍛える必要があります。ちゃんとキャラクターを育てておかないと、最終決戦までもたないと言うことです。
必殺技と連携技が存在します。エフェクトが派手です。 必殺技は絶大な威力を発揮できる代わりに、周辺への被害が拡大するので、戦闘の初期でキャラごとに1度使うだけに留めた方がいいでしょう。
ちなみにレベルが上がれば、LV3まで覚えられます。ヘルだけは条件を満たさないとLV1までしか覚えられません。連携技は、リスティ以外ならイベントをこなすことで使えるようになります。
リスティは攻略対象と仲良くなれば連携技が使えます。1度クリアしてゲームを終了せずに、最初からゲームを開始するとデータの引継ぎができます。そうすると1度クリアしたキャラは、連携技が使えるようになっています。所持品の引継ぎもできるそうです。
そう言えば、戦闘シーンで気づいたことですが、最終決戦が味気なさ過ぎます。ストーリーの盛り上げはいいんですが、ボスがいないのはちょっと。戦いは今まで通りで少し強めの敵が出る、くらいですね。ラスボスが欲しいです。

●導入

(一部抜粋)月神ルナリアの加護を受ける常夜の世界:闇界。闇界の王女だが、現闇界王の血を引かない第一王女リスティは、実力がありながらも王位継承権を認められずに義理の父、 闇王の退位の日を迎えようとしていた。
しかしその後を継ぐ第一候補として目されているのは―― リスティが最も憎み嫌う男、長兄ガルムだった。
リスティは憎む兄に奪われる屈辱を逃れる為、自分の存在が認められる場所を得る為、『魔王として君臨すべく』魔人が忌み嫌う光界へと飛び出す。
向けられし刃には死を。服従には至高の快楽を。
クリスルートは好きじゃないなあ。クリス自体は純粋で好きだけど。
 ヘルのルートは結構好きかなあ。
 レイザは実は好きじゃない。ヤンデレは無理。女の敵にしか見えなかったり。
 ガルムさんゴツいですね~。でも漢です。絶対に裏事情があると思っ

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状