4千年彼女

NScripter製の全年齢のフリー乙女ゲーム。主人公とパートナーを育てるSLGです。何ともアジアンテイストであり、中国のお伽話のよう。それなりに甘く、普通に面白かった。
主人公は見た目だけ若いけど、齢800歳の超高齢な女性。言葉遣いと思考がお婆ちゃん になっている。凄い。お婆ちゃん語使う乙女ゲーの主人公なんて、類を見ないよ……。画期的だな! 誰も思いつかないぞ。
攻略キャラは4人+1人。因みに、純粋な人間キャラは1人もいないぞ! 全部人外魔境ー。
 シミュレーションで10日間、修行します。ある程度修行すれば、術を覚えます。パートナーに与える杖がいちいち面白いです。選択肢はあんまり難しくなくて、会話が続く方が正解です。
 エンディングが主要キャラに2種類用意されている。あと何気にスチルが沢山あった。 おまけで後日談と裏設定とか見られます。

●導入

『仙人』は生まれつきであるらしく、力は個人差があるらしい。そして仙人1人につき、1つの山で暮らす決まりがあるらしい。その住処を巡って仙人同士が争うこともあると言う。主人公は争いを避けて、あえて小さな山を選んだらしい。
 昔は『守護龍』と呼ばれる専属の護衛みたいのが4体いたらしい。だが、未熟だったせいで高度な術に失敗して、4体共どっか飛ばしてしまったらしい。
あらすじは、冴えない小さな山を持つ仙人が、突如侵略してきた他の仙人から自分の縄張りを守るために戦うというもの。
 攻めて来た仙人は若い上に格上らしく、主人公1人では歯が立たないため、守護龍を呼ぶ。何故か相手が10日間は猶予をくれるので、その間に守護龍と共に、付け焼刃な修行をすることになる。無論、仲良くなることが目的ですね。
思いがけずに水龍にハマる自分。勢いだけで3枚も描けたのはちょっと偉いと思う。頭の方も豪い感じになってまう。うん、きっと一途なキャラに弱いんだな。どっかのサイトに「龍界のエ●カ様」とか書かれてて吹いた。
飛龍も可愛いですね。かなり軽いけど。妹にどつかれるところも微笑ましい。
 神鬼はビジュアル面も然ることながら、性格も好きではないので、攻略のときは顔歪ませながらプレイしてました。フルコンプ特典が気になったので……。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状