アキトDATE 第1話 ~凶行の違和感~

珍しく乙女じゃないフリーゲームやりました。これは、やり応えのあるADVゲームです。前にコミックメーカーでPLAYしたとき、落ちまくって結局断念した思い出深いゲームです。
この作者さんは凄いユーザー思いの方だと思います。コミメカの時点で自動セーブ機能を搭載してました。とうとう吉里吉里でリメイクして下さって万々歳です。
マンセエエエエエエ!
 待ってました。きっと日本全国の人が待ってました。質が高いのにPLAYできなかった、あの苦痛……忘れがたし。とにかく嬉しかったです。
絵柄はアニメ風であり、独特ですね。無料ゲームとしての質は高いです。
一話完結タイプのようです。一応、事件後に話が続きの方向になる。
ゲームの進め方が逆転裁判みたいで面白かったです。登場人物とチェックしたアイテム、状況などがカード化されて情報を管理します。推理もそれを提示しながら進めていきます。同じカードを使って、推理を進めたりもしたような。
ハラハラドキドキさせられて、やり応えはとにかくありました。お勧めです。
余談ですが、続編の第2話も公開されたそうです。シェアウェアですので、1話目が気に入ったら購入することをお勧めします。

●導入

中学生時代に通っていた塾の、臨時講師を依頼された伊達秋人。その日はガラの悪い青年講師、かつての同級生の女性講師、よく食べる青年講師、そしてオバサンの塾長がいた。
何事もなく授業を終えて帰ろうとしたとき、事件は起きた。講師の一人が授業中に死んでしまったのだ。今のところ死因は、秋人の選んだコンビニの菓子パンであるらしい。これは無差別殺人か、それとも――?

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状