開耶姫の季節

稼動OS:Windows98/98SE/Me/2000/XP(要・DirectX6.1以降)
乙女ゲーですね。BLを知っている人には何ともないのですが、免疫ないと嫌かもしれません。基本ノーマルだとは思います。あと、フリーだなんて信じられない。やり応え満点の選択式ノベルゲームだと思います。
グラフィックが丁寧かつ綺麗で、立ち絵が瞬きします。瞬きしなくても良いですが、立ち絵すら美しいとは何事だ。不思議とスチルのとき、顔が幼くなるのは仕様ですか?
 音楽もキャラクターごとにあるので○。ミニゲームは面倒くさがりな私でも楽しめました。2週目以降は飛ばせますし、隠しキャラを攻略できるようになります。
このゲームはプレイヤーに親切設計です。LiveMakerなのでサイズでかいですが、動作は重く感じません。ロゼのように話も長くないので、飽きませんでした。
 キャラエンディングに到達すると、他のキャラを攻略するときに裏舞台が追加されて、垣間見ることができます。芸が細かいね。こんなことを言ったら、ファンに顰蹙を買うどころか殺されそうな気がしますが……。感想は素直に書くことがモットーなんで、言わせて頂きます。とか言いつつ、伏せちゃうチキン……。
ストーリー……というよりキャラです。キャラが個性的なので、話を進めるだけで楽しいです。それなりに今回の集まりには、ある企てがあるみたいです。

●導入

君の思い出の欠片となっても
それを君が失ったとしても
僕は 君を忘れない
開耶姫の季節と共に。
3年間の締めとなる卒業パーティ、その運営は歴代執行部の伝統。
自らの卒業も間近なある日、前執行部は召集される。
一週間後の祝祭の為の、最後の仕事。
そしてその仕事の終わりは、仲間との別れ。
僕は覚えている。桜舞う日に、君と出会った。
僕は知っている。君の笑顔は、何よりも美しいと。
僕は願っている。桜吹雪が、君を消してしまわないように。
僕は祈っている。君の未来が、光溢れるものであれと。
以降ネタバレ
本音を言えば、隠し君はいなくても良いくらいです。何で表舞台にそういう話が一切出てこなかったくせに、伝奇関係が絡むんだ。悪い言い方だが、タイトルのためのこじ付けに見えた。

 平々凡々な主人公にはとどのつまり、秘密が無いのでしょうか? 開耶姫……大和? 表舞台にはそれらしい説明一つ見当たりません……。熟読できていないせいだと言われても、そんな説明、あまり頭に残らないと思います。

主人公も相当に可愛いお馬鹿さんですが、七枷君が最高に面白い。付き合いがよく、主人公と一緒に様々な馬鹿に興じてくれます。
 色々と体を張って落ちをつけるのが、彼の役どころみたいです。虐められてもめげない彼が大好きです。でも絶対音感に関しては豚に真珠だと思った。
 なぞなぞに「おう、かかってこいっ」と気合十分 な様は吹きました。催眠術に秒単位でかかるところも素敵。他人のフライパン焦がしたときは、「部屋まで焦がせば誤魔化せる」 という主人公の意見に一瞬賛同するほど、おめでたい頭の持ち主。
 ちなみに口癖の「ジャックポット」とは、当りとかビンゴとかと似たようなものです。
 彼のエンドがノーマル過ぎて、どうしようという感じです。格好よくなったのでいいんですけど。

えー、ひととせ君が卑猥です。乙女ゲームに必ず一人はいますね、卑猥担当。芸術的にエロスを漂わせる美男。配色の関係で吸血鬼に見えたぞ。
 でも彼は生来かわいそうなので、どんなセクハラ言動も許したくなります。あと普段の愛が軽い。
  「可愛い顔して無知なんだから☆」 「ナイス馬鹿☆」「なっちゃんなんか宇宙の塵~」発言が好きかなー。彼の台詞回しは好み。

高倉君が見た目クロアリのグレイっぽいので、密かにグレイと呼んでみたり。でも中身が全然違くて可愛かった。「違くて」という言葉を日常的に使いたくなる可愛さです。弟にほしい人。
小嶋君はぱっと見、キラキラ王子オーラが眩しくて綺麗だけど、地味です。
(以下ネタバレ↓)
でもエンディングは乙女ゲームらしい終わり方かな。甘いです。予想通り、中身はそんなに善人じゃない。酷いことも言いますが、でも恋をすれば誰しも持たずにいられない部分を曝け出してるだけです。基本みんな持ってるんです。彼の場合は独占欲が強めなだけで。
菊池先生が鬼畜呼ばわりされてますが、ロゼのワンダーワールドの住人に比べれば可愛いものだと思います。寧ろアレくらいで鬼畜だなどと生温い。(……ああ病気) ハトアリのエース級のどSに遭遇してから、みんな可愛く見えてくるフィルターが自分に搭載された……。
最後に……七枷のバナーが白と同じ扱いだなんてショックだ!!(泣) 七枷ファンとしては、ちゃんと独り立ちしてほしい。((・_・)……え?) 大きい方が良いと思って、紹介には泣く泣く
グレイ高倉君のでかバナ使ってます。本当は! 本当はでっかいなっちゃんのバナーがいいんだようぅぅぅぅぅぅ!(/_-; ウゥ

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

恋するペコラは間違えない