Fate/hollow ataraxia


TYPE-MOON発、吉里吉里製の18禁商業ゲーム ですよー。staynightクリア後だからこそ、面白いというのが分かっている。しかし、こちらの方が好き。バゼットさんとかカレンさんが素敵。話のノリも大好きだ。
歌月十夜のように、繰り返しPLAYが基本。4日目をひたすら××されてループしまくる。 ループした日常を元に戻そうと奔走するのが主人公の役目。でもまったり生きてて適当にやっててもクリアできます。
冒頭の怪談は怖いですねー。一瞬、本当にataraxiaか、心配になりました。心配しなくてもFateです。お話を進めると、バゼットさんのお話が1日目始めに入るようになります。その先が見たくて、重要ルートを爆進しますた……。もっと味わってやるべきでした、うん。
音楽も好き。更に言うが、ムービーは前作よりこっちの方が好き。セル画を使ったりしてないし、前作ほどお金かけてないかもしれないが好きだ。お金かけずにこーゆーの作りたい。  ミニゲームにアクションゲームと、花札、絵馬集めがある。

●導入

第五次聖杯戦争の終結から半年後。そこには再び現界したサーヴァントとの穏やかな日常が存在していた。
ありえない現実でありながら、それらに疑問を抱かない前聖杯戦争参加者たち。繰り返される四日間と暗躍する魔術師。夜にのみ進行する新たな聖杯戦争。
空虚なる平穏の先にあるものは……?

アヴェンジャーとバゼットの掛け合いが楽しく、時に切ない。  ランサーとアーチャーは、完全にギャグ要員に成り下がる。ランサー兄さんはちゃんと出番があるので、美味しいトコ取りかもしれない。
 いや、アーチャーだって出番ありますよ?  珍しくちゃんと戦ってる感じですよ? でも死闘の後が……いい年なのに弾けちゃった。 なんかもう見てて痛くて恥ずかしい大人の見本に……。
ライダーさんが同居しているせいか、彼女関係のイベントも多い。あのバンドも外しているので、魔眼が見放題です。Fate中NO.1の美女ですし。
 前作では、ギルガメッシュが悪役でしかなかったのだが、今回はコミカル。戦いさえなければ、彼は相当に面白い人だった。ある意味、セイバー一筋だしね。Fate/Zaroではまた好感度が下がった気がするが……。
花札は何度やっても飽きない。シナリオ面白さについついコンプしてしまった。「封印執行・鉄腕ブリーカー」チームがいるエクセリオンもおすすめ。 お腹が痛すぎる。
 余談ですが、サーターアンダギーをFateで知って、ハマりました。あの素朴な味がたまらん。あとあとクリームの大判焼きにハマったりと影響されまくりです。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

恋するペコラは間違えない