水彩筆

最初、小学校から使い続けたバッサバサの筆を使っていました。流石に描きにくくて新しい筆を世界堂に行って買って参りました。……インターネットでにわか知識を詰め込むだけ詰め込んでみましたが……無駄でした。いろんな筆があるよう……メソメソ。とにかく筆の数が多くって……。
高級品はテンの毛を使ったもので、特にコリンスキー(黒テン)が最も高いです。動物毛では他にセーブル(コリンスキー含イタチ類)とか馬・狸・雄牛耳毛・リスなどがある。
イタチ毛はコリンスキーの次に良いものらしいです。馬はかなりポピュラーで安価です。リスはセーブルのような弾力は無いけれど、水含みが良くて穂先がまとまり易いようです。
他にナイロンとリセーブルがあります。ナイロンは弾力があって穂先のまとまりが良く、安価です。絵具の含みが良くないです。
 お勧めはリセーブル毛かな。多目的に使える特殊加工した筆です。ナイロンの絵具の含みの悪さをカバーしてます。耐久性・弾力・穂先のまとまりが特に良いです。
筆って奴はともかく洗っても毛先が綺麗に整ってるのを、1つでも良いから持つことが大事だと思う。そして毛先さえ整っていれば、細かい所もある程度描けるから細いのが要らなくなるのだ!
さて長くなったが当然使っている筆は、リセーブル。安価な上に高機能。ネオやらニューとかがリセーブルの前についてるのは大体、会社独自の工夫されたリセーブルのことです。
 パラ・リセーブルとは、リセーブルにイタチとかの原毛を混ぜた筆です。私はぺんてる「ネオ・セーブル」かサクラ「ネオ・セブロン」で迷っておりました。どうやらぺんてるのは、初心者に使いやすい硬めタイプだそうです。サクラにしようと思った矢先、とあるサイトで筆について語っているものがありました。
筆なんて何でも良いんです。 コリンスキーセーブルの毛が最高級‥‥なんてことは、どの技法書にも書いてある。 定番過ぎて反発したくなっちゃいます。 もちろん値段も最高級!
私の気持ちを言葉にしたようなことが書いてあって、大変感銘を受けました。そうだよね! 贅沢は敵よね!(違う)
 っつう訳で、安価なオススメ筆を見ていきました。
更にそこで紹介されていたのがMATCHの筆。聞いたことも見たこともない社名。しかし値段安いし、その方の感想にまたそそられてしまったのデス!! 6号で300円。 16号、500円。20号、650円。ダメだ……完璧に落ちたよ、私。
 タッチはペンテルのネオセーブルよりちょっと柔らかめで、水の含みも良好とのこと。コレくらいの値段なら、お試しでも買ってみるべきかなってさ。
びっくりしたのは、この会社:マッチは長野にあるのです。遠いなぁ。でもでも、その会社のサイトは凄い良心的な感じで、いちいち原料の説明とかされてます。
絵の具は、小学生にも安全な物しか使ってなくて発色がとても良いんだって。混ぜても彩度が落ちないという所に惹かれました。とても細かい粒子で発色が良いからとアーティストも使ってます。割と安価でまたびっくり。3色から作ることのできる面白いSETがぁぁ!!
通販もしていますが、東京とか大阪にもちゃんと売ってるとこはあります。東京は新宿東口のマイシティの画材屋さんTOOLS。
ぐほっぐほぁ……私ってばMATCHのま……まわしもの?

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

逢魔ヶ町桜迷路