Az Painter2

概要

シンプルで手軽に使いやすい軽量ペイントソフトです。小さめのサイズで手軽に描くイラストやドット編集、ちょっとしたレタッチなどに使えます。
※大きな画像サイズには対応していないので、印刷目的や本格的なものを描くのには向きません。
※画像サイズは幅・高さ共に4500pxまで。

<主な機能>

  • 全体的に軽量でレジストリも使用しない
    • 筆圧対応
    • APD(AzPainter形式)/ADW(AzDrawing形式)/PSD/BMP/PNG/JPEG/GIFの読み込み・保存が可能
    • レイヤ、色マスク、テクスチャなど便利な機能
  • 21個のレイヤ合成モード
    • 複数タブで管理できドット編集にも便利なパレットウィンドウ
  • 資料の絵を見ながら描けるイメージビューウィンドウ
    • 豊富なフィルタ
フリーなのに軽くて高機能、良質なソフト。柊の一押しです! シングルドキュメントなので、うっかり新規作成すると、開いてたものが消えるので注意が必要。レジストリ不使用。
 保存形式は、BMP・JPEG・GIF・透過PNG対応。
 やりましたね。2が出ました。とうとう 筆圧対応 ですよ。何気にブラシの最大サイズが100まで増えてる のが嬉しいです。ありがとう、Azelさん。開発終了してたのに、よく追加機能入れたよね。お陰で、お絵描きの使い勝手が向上しました。お絵描き掲示板風の使い勝手と、筆圧が揃えば鬼に金棒ですね。ゲーム用の素材作りに重宝しています。
軽めのイラストを描きたくなったとき、使える。(ゲームグラフィックとか)気軽に描くのに最適かと思われる。お絵描き掲示板を元に作成したようなので、そのノリで使うと良い。
このソフトで感動したのが、フリーなのにレイヤー合成方法の多いこと。ベジェ曲線は使えるし、覆い焼きに焼き込み、ぼかし、指先、グラデーション、テキスト、図形描画、画像回転……一通り揃っているじゃないですか! アンドゥ回数多いし、豊富なフィルタもテクスチャーもあるね! 何でもできるじゃん!
ベクタ画像は流石に無理だけど、小さいラスタ画像はOK! ドンと来い、という感じ。但しブラシサイズが100までしか大きくなれないので、でかい画像は無理ですね。前にゲーム用に640*480サイズ作ってみましたが、カクカクしました。中サイズまで限定で軽快に動作します。アルファマスクが使えます。
もー多機能過ぎて、他のソフト要らないかもしれないと思うようになってきた。大きい画像だともたつく場合があったような。

2017追記

作者さんが Windows版の開発を終了し、Linuxに移行されました。しょぼくれていたら、Windows10でWindows Subsystem for Linux なるものが提供されました! すなわち! Linuxソフトが仮想環境を通さなくても動いてくれる! という仕組みですね!
試しにやってみましたが……初心者には難しかったです。起動まではいけましたが、WACOMタブレットの筆圧機能を認識しなかったため、使っていません……。でもパワーUPしてました……。マウスで絵は描けます。
コマンドプロンプトを駆使して、色々と必要なライブラリをDLし、VcXsrvで画面を出すというLinux方式。なじみがなさすぎて普段使いできないwww

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

恋するペコラは間違えない