アラビアンズ・ロスト

商業ゲームでLiveMaker製という部分が珍しい乙女ゲーム。全年齢という割には表現がアレでコレです。なので15歳以上を推奨します。ハートの国のアリスよりはマシだけど。ちなみにPS2版やDS版も出ています。小説とかドラマCDも出てるよ。
ジャンル分けするとRPGなので、戦闘が面倒くさい。一度レベル上がったらそのまま上がりっぱなしのモードとかあると良いのに。
 システム面は本当に難あり。TYPE-MOONを何割かで良いから見習ってほしい。既読スキップモードとかもっと速くジャンプできるのが欲しい。LiveMaker製なので仕方ないと言えば仕方ない。
あとデータがすげーデカイ。絵柄は好きじゃない。でも喋る。セリフを全て喋ることがどれだけ凄いことか、実際聞くまで分からなかったよ。声優はすごい。石田 彰のカーティスはハマるよ?  下野紘の声が酷く音割れしており、ノイズじみてて不快である。
 DS版は操作感の問題でお勧めしない。
OPムービーがあり、スチルや立ち絵を使っていて、品質はそこそこ。
 攻略対象は約7人+アルファ。いつも二人一緒のキャラは一人分の攻略ルートになる。攻略対象という訳でもないが、側仕えのエンドがある。
触れ込みが主人公を含む、全員が悪党です。悪党を落としてみたい方はやってみましょう。残酷で血生臭い感じの描写がところどころにあります。
 但し真正の悪党という訳ではないので、悪の美学とか期待してる人には不向き と言えます。Sっ気が強く、暴力的と言うか猟奇的であり、自分たちの利益を優先するために俺様な輩が多いのです。無法者という点で悪党かもしれません。身内に甘いところがヤク●とかマ●ィアっぽいですね。
EDはいっぱいあって、覚えていない。1000万貯められるかどうかでキャラエンドが変わる。そして敗北エンド、冒険者エンド、逃走エンド、一人で勝利エンド、借金エンド……ぐらいだったかな。
 やり応えはたっぷりである。普通にやって1000万はなかなか貯められないので、大抵は序盤のカジノに頼ることになる。後半のカジノはまず当たらない。ちなみに夜の方がレートは高い。

●導入部分

主人公は犯罪大国ギルカタールの第一王女。当然ながら淑やかさはない。王位継承者だが、玉座に興味はなく、何故か農業をやりたがる変わり者。
自活できることを証明するために、約1月で1000万ゴールドを貯めるという取引を両親と交わした。自力で1000万稼ぐことができなければ、両親が指定した婚約者候補と結婚させられてしまう。
己が自由を勝ち取るために、主人公が奮闘します。戦闘、カジノ、ギルド仕事……などなど。当然ながら恋愛ゲームなので、お相手が存在する。1000万貯めることに協力してくれる5人の婚約者候補。結婚賛成も反対も色々いますが、皆しぶしぶ協力してくれます。
夜に連れ出すには、昼に最低1回の同行が必要です。長くなりそうだから、追記にキャラについて語ります。

●キャラクター語り

ラインナップは暗殺者、幼馴染の南北領主の息子共、商人兼医者、カジノオーナー、家庭教師、謎の金貸し賢者&自称悪魔……。心配しなくても家庭教師以外は若いです。家庭教師は年齢が不詳です。
暗殺者カーティス=ナイルは、外見上は一番好みでした。彼は石田彰の声が良かったんだと思います。まあ、三つ編みが余分でしたが。 余りの余分さ加減に4コマとか小説書いてしまいました。
 そんなことはさて置いて、奴は見た目が普通ですが、中身が多分一番おかしかった。 肩書きが暗殺者ギルドの長、趣味が毒薬収集、特技が人殺し。お見合いで言うと、既に一撃必殺級のインパクトですね。衝撃的過ぎて、相手が逃げ出します。
表面上は穏やかで物腰も丁寧ですが、中身は物騒この上ない。にこやかにサクサク人殺しができます。本人は認めていませんが、ケチなのでタダ働きが大嫌い。
同行すると判明しますが、砂漠に住んでいるくせに暑いのが嫌い。 それが就業理由になるほど、暑いのが嫌い。砂漠に行こうとすると大抵文句を言われます。
仕方なく主人公に協力してくれますが、最初の方は優しくないです。後半はデレデレですね。

家庭教師は同行こそしてくれないが、協力的。幼馴染共は過去の事件が理由で、今は余り親しくない。ギャンブラーは家庭教師の友人なので、辛うじて面識はあるが親しくない。医者とはほとんど面識すらもない。賢者と悪魔のコンビは、何故か王宮に滞在している不審者そのもの。
 紹介が何だか偏っていますが、私の好みです。内一人くらいはヒットするかもしれませんよ?

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状