ファントム オブ インフェルノ

ニトロプラスが放つ、18禁のハードボイルドノベル。Fate Zeroの著者って、虚淵 玄だったんだね。その人が手がけた昔の18禁ゲーム。
 ニトロ10周年プロジェクトで、2009年TVアニメ化した。原作は好きだが、どうなんだろうね。割と原作寄りで進行し、アインルートで進行中……みたい。
 クローディアは金髪の美女になったし、ほとんど男にしか見えなかったリジー姐さんがちゃんと女性に見える ことに感動した。私はキャルが好きなので、アニメで綺麗に描かれてて、結構嬉しかったりする。
このゲームはニトロのかなり初期の作品で、PCゲームでデビューしてからDVDゲーム化、PS2ゲーム化、OVA化、戻って来てPCリメイク、XBOX360と来てるんです。
ちなみに私がPLAYしたのは、リメイク版のPhantom Integrationです。
 NITRO+のゲーム重いですよー。でかいですよー。Director製って皆こうなの? ムービーが入ってるよー。
 確かにエロエロではあるものの、ストーリーは長く、ハードボイルド。面白い。
 銃のことなんざ分かんないですよー。もの凄いマニアックですよー。
 絵は微妙です。綺麗なのもあれば、おかしいと思うものもある。そして人間ってのは綺麗なだけじゃないんだね、と分からせてくれる絵柄でもある。
攻略対象は、4人……だったかな? 師匠であり、初代ファントムのアイン。スラム街で拾った女の子キャル。セクシーダイナマイツ(死語)な上司のクローディア。紛れ込んで女子高生・美緒。
 メインヒロインのアインより、キャルが良い。エンドもそこそこ幸せそうだったから。自暴自棄エンドも良かったと思います。報われてないけど。

●導入

「あなたはツヴァイ。二人目のわたし。」
暗黒街で相次いで発生したマフィア幹部暗殺事件。その影で囁かれる謎の組織“インフェルノ”と、組織最強の暗殺者である“ファントム”の噂……。
一人旅でアメリカを訪れた主人公の少年は、ある事件で偶然にもファントムに遭遇。その正体は自分と歳が変わらない少女だった!?
 それまでの記憶を消され、ファントムのもとで数々の暗殺術を学ぶうちに、いつしか主人公は組織最高の暗殺者にまで成長していく。
陰謀が渦巻く、凶暴で無法な世界に芽生える純愛の行方は何処へ……。


主人公はアメリカで拉致られて、暗殺者に仕立て上げられてしまいます。おおう、まとめると凄い突飛だ。
 そして暗殺の才能を開花させ、暗殺者エリート街道をまっしぐらに突き進んでしまいます。組織とか色々あって、恋愛が絡んでくることも多いです。
殺戮と暴力の世界で主人公はどう生きていけばいいんでしょーか、という感じ。自分に正直に生きたいけど、もう普通の生活に戻れない。数多の人を殺し、この先幸せが訪れることも期待できない。絶望しまくりでかわいそうな主人公。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

お茶会への招待状

恋するペコラは間違えない