華夜と蜜蜂


  • 公開日  :2007年10月15日~(2009年ツール変更&リメイク予定)
  • 製作ツール:Yuuki!Novel
  • ジャンル :西洋風恋愛ファンタジーっぽいもの。ほんのりだぁくな要素アリマス。
  • プレイ時間:1ルート 約2~5時間前後
  • 推奨年齢 :病的思想・暴力表現・性描写が若干あるので15歳以上推奨デス。
  • 攻略対象 :3名。
  • ED数:選択肢により8種類
  • 絵:15枚
  • 特典等:おまけ特典あります。てかそっち読まないと色々謎のままッス(爆。
ご注意:プレイされる場合は必ずクリアデータを引き継いでください。引継ぎが出来ていないとおまけ等の閲覧及び真相が不明のままになります。
最初に断っておきます。ノベルは絵じゃない、ストーリーが命なんだ。 だからどんなに下●クソーーっとか酷いことを叫びたくなるほど絵がアレでも、良いものは良い。音楽も耳に残る。
問題は制作ツールがYuukiノベルであることぐらいか。スキップは遅いわ、既読スキップもできないわでイライラしました。(今は吉里吉里にリメイク中だそうです。その間に「世界で一番……」とかPLAYすると良いと思います)
 だが、絵とツールのデメリットを差し引いても、PLAYして良かったと思った作品です。いっそNスクか吉里吉里で、絵抜きで作ってくれ。とにかくお勧め。この作品は一応恋愛モノサウンドノベル、なのかな。
攻略キャラは3人です。ランディスルートがとにかく感動するので一番最後に攻略すべし。
主人公がいきなり花街の奴隷からスタートという時点で、ダークです。別に露骨に性描写があるわけではないので精々、義務教育終了年齢というところ。主人公も止むを得ずだが、手を少なからず汚しているので、私は15歳以上推奨したいかな。
花街の奴隷から一気に貴族として暮らすことになる主人公レイ。生活を続ける内に、自分の正体が明らかになっていきます。主人公が利発で肝が据わっています。
 何でか屋敷の男共に大しては純情少女を演じているように見える。その反応は初心過ぎやしませんか? あなた花街育ちでしょう!! と軽く突っ込みたくなる。
ストーリーが攻略キャラごとに用意されているので、全部違ったプロセスが堪能できます。結末は主人公の立場上、ある程度は似通ったものになります。
 各トゥルーエンドを向かえる毎に、後日談と番外編が追加されていきます。全体的に見るとかなりのボリュームです。
心理描写もこと細かに、お話もよく練られていると思います。ホント絵さえ良ければサイコー。立ち絵がなく、ほとんど背景なので、ひたすら状況を文字で描写するタイプです。コミックを読むような軽さは皆無です。こういうお話書ける人は憧れる。

導入

サクチュア国の隷族であるレイの物語。
とある花町の、変わり者の商品として有名だったレイ。
ある日店の主に使いに出され、向う道中に身形の良い迷子の少女を見つけてしまい、声をかけたのだが。
屋敷の主であるシン、彼に仕えるシュウ、医者だというランディスと、何故かレイを慕うアキ。
ただの隷族であった自身に与えられた有り得ない現実に、レイは戸惑うばかりで……?
ほんのり前作【世界で一番…。~Sweet Time~】と関連していますが、知らなくてもプレイ可能です。
ちょっとニヤリとする程度+謎が仄かに感じられる程度かと思われます。


最後に言わせて下さい。白目は綺麗でも格好良くもないと思います。実際いたら怖いだけです。せめて銀色・灰色辺りにしておけば、まだ共感は得られると思います。絵で表す白眼って、『NARUTO』でも怖いんだよ!!
何よりも格好良いのがアレイズさんだと思います。女性だけど登場キャラの誰よりも、心意気がすげー男前です。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状