Fantasia

  • 【ジャンル】 ファンタジーノベル
  • 【対象】 12歳以上推奨
  • 【ED数】 11種類
  • 【プレイ時間】 1周10分~30分
  • 【ツール】 NScripter
  • 【公開日】 2008年3月18日(リメイク版)
個人的には12歳以上推奨したい。乙女ゲーム「もしものキミとボク」の作者さんが製作したサスペンス小説。
短編なんだけど、エンディングが多かった。絵柄はともかく作品の雰囲気が好きです。ドラマティックとでも言うんでしょうか。設定はよくある、記憶障害起こした主人公のお話。私はあんまりこーゆー雰囲気のサスペンスもの読みなれてないので、引き込まれちまいました。
 あと、いっぱい殺されました。必ずしも一般的に理解されうる感情ではないエンディングが存在します。

導入

雪の中で怪我をして、意識が薄れる。冷たいまどろみの中、誰かが助けてくれた。
でも、何も思い出せない。自分は何者で、この少女は何者か。何故かこの少女は自分に敵意を抱いている。過去に何かがあったらしいのが分かる。
物語は記憶を取り戻そうと、青年が足掻くことから始まる。

このブログの人気の投稿

マリィと賢者の森

恋するペコラは間違えない

お茶会への招待状